井嶋ナギの日本文化ノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平松昭子さんの連載に、トークイベントの様子を紹介していただきました!

News キモノ


SANKEI EXPRESS」新聞日曜版の平松昭子さんの連載「わたしのスタイル」で、先日のトークイベント「『カッコいい着物姿』って何だろう?」をレポートしていただきました!

f:id:nagi0_0:20161223221920j:plain

平松昭子さんとCBAさんのユニット「masshiva」によるグラフィックアートがステキ! キモノ着てるのに足丸出しで、ブリジッド・バルドー座り! カッコイイ!!

って、これ、3/13号なんですが・・・。なぜ今頃?という感じですが、、あの、日付を見ればわかるとおり、3・11直後で全くブログに手がつかなかったのです。。スミマセン・・・。この3/13号も全面が震災ニュースで、今見返すとあの2ヶ月前の緊張状態がまざまざと蘇ってきます。東京は直接被害がなかったため「ノドもと過ぎれば~」になりつつある気がしますが、私はあの時の自分の感覚は絶対に忘れないようにしようと思ってます。

それはともかくとして! 今年2/25に着物ブランド「WAGU」さんのプロデュースで、「月影屋」のデザイナー・重田なつきさんと、イラストレーターのコダカナナホさんと、3人でトークイベント「『カッコイイ着物姿』って何だろう?」を開催いたしました(→これについては、「トークイベント「『カッコイイ着物姿』って何だろう?」について。」をぜひご覧ください~!)。そのイベントに、イラストレーターの平松昭子さんもいらしてくださり、連載エッセイでレポートしてくださったのでした。ありがとうございます!!

この連載で平松昭子さんは、「思い通りの着物姿に近づくために、必ず毎週1回は着物を着て出かけるようにしています」と書いていました。すばらしいです! できそうで、意外とできないことなんですよね、これ。

だけど、キモノって、本当にコンスタントに着て「慣れる」ようにしないと、着付けや帯結びや、コーディネートや身のこなしって、なかなか身につかないものだと私も思うんです。別に、着付けじたいはそれほど難しくない。1日あれば、着付けくらいだいたい覚えられるほどのものだと思います。でも、それを「しっかり覚えてキープして、何でもないこととして体に定着させる」っていうのが、結構たいへんなんですよね・・・。私もしばらく角出し結びとかやってないと、「アレどうだったっけ?」って、本で確認することがあるくらい(笑)。だから、コンスタントに訓練して慣れるって、地道だけど大事なことだなぁ、と。でもこれ、別にキモノに限らず何でも同じですよね、きっと。

そしてさらに、平松昭子さんのブログでも、イベントの様子をレポートしてくださいました。ありがとうございます! → 「KIMONOSNACK」 -- Kakkoii kimono style


f:id:nagi0_0:20161223221817j:plain

イベントで「たぼ較べ」の図。左から、平松昭子さん、私、重田なつきさん。


------ 関連記事 ------

■ 「月影屋」重田なつき×コダカナナホ×井嶋ナギのトークイベント レポート
  「トークイベント「『カッコイイ着物姿』って何だろう?」について。

■ 平松昭子さんのブログ。オシャレな写真がいっぱい!!
  「KIMONOSNACK

■ 平松昭子さんとCBAさんのグラフィックユニット「masshiva」のブログ。グラフィックアート作品が素晴らしいです~~! あと、ブログのタイトルも好き(笑)。
  「masshiva の反射してENJOY!


------ 関連書籍 ------

■ 平松昭子さんの『キモノ事件簿』(宝島社) 
  私この本大好きなんですよ!! 現代におけるキモノ本の「太陽の塔」的存在。

f:id:nagi0_0:20161223221928j:plain

■ 平松昭子さんの『お洒落きものイズム』(グラフィック社) 
  こちらは、実践的キモノ指南本&12ヶ月スタイルブックです。「アニメで着付け」DVD付き!

f:id:nagi0_0:20161223221942j:plain




Copyright (C) 2017 井嶋ナギ All Rights Reserved.