井嶋ナギの日本文化ノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「下北沢映画祭」キモノ×映画 トークイベントのお知らせ

News イベント キモノ 映画




第8回 下北沢映画祭にて、トークゲストとして参加することになりました。ぜひぜひ、いらっしゃってくださいませ♪ 




第8回 下北沢映画祭
映画が繋ぐ、着物との縁。

日時:10/9(日)13:30〜(開場13:15)
場所:しもきた空間リバティ
   世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル4F →MAP
   (1Fは「ABCマート」です)
チケット:2000円 →購入はコチラ
   (キモノでご来場の方は、300円キャッシュバック!)

下北沢映画祭


上映作品:『化粧師』(2002年)
監督/田中光敏 原作/石ノ森章太郎
出演/椎名桔平、菅野美穂、柴咲コウ、池脇千鶴、いしだあゆみ

トーク:前田エマさん(モデル/アーティスト)× 井嶋ナギ(文筆家)

協賛:下北沢のアンティーク着物店「着縁
詳細:下北沢映画祭HP




というわけで、皆さま、「キモノ×映画」のイベントですよ〜〜! 今までさんざん、キモノと映画の関係について、講座で喋ったりブログで書いてきた私としましては、こうしたイベントに参加できるのは嬉しいです。実行委員の方も、コダカナナホさんとの企画「美女とキモノ」をご覧くださってお話をくださったそうで、光栄の限り。
 
当日は、映画『化粧師(けわいし)』(2002年)が上映されます。この映画、大正時代を舞台にした作品で、さまざまな階層の女性たちがキモノで登場するので、それこそ私が講座でやっているような「人物像別のキモノ」を学ぶのにもピッタリ! 私は、この作品に登場する、いしだあゆみの大人ロマンティックなキモノ姿に、憧れますねぇ…。ちょっと竹久夢二な雰囲気の、いしだあゆみの艶姿が見られますよ。
 
そして、主役の椎名桔平が、若い! あの頃の椎名桔平、カッコよかったですねー。私が初めて椎名桔平を発見(笑)したのは、新卒で入ったばかりの会社員時代、仕事がイヤでイヤで会社わざわざ休んで東京映画祭に行って、偶然見た『新宿黒社会』でしたね……。いや、あの作品は衝撃的だったなぁ……三池崇史監督の劇場映画デビュー作だったと後で知りましたが。って、関係ない話ですが。

そして、映画上映後は、モデル・アーティストの前田エマさんとわたくし井嶋ナギで、トークを行う予定です! どのようなイベントになるのか、私もとても今からとても楽しみです。しかも、キモノで来場されると300円キャッシュバックという嬉しい特典もあるとのことですよ!

さらにさらに。ちょうどその時期は、下北沢カレーフェスティバル2016が開催中なんだそう! カレー好きにはたまりません。夜ごはんは、ぜひ下北沢で美味しいカレーを食べて帰りましょう♪ 





■ 下北沢映画祭のブログ「第八回下北沢映画祭チケット発売中!」 ■ 映画ナタリー「下北沢映画祭で「恋人たち」「花とアリス殺人事件」など上映、橋口亮輔のトークも

早稲田大学オープンカレッジ講座「人物像で読み解くキモノファッション文化史 Ⅱ」のお知らせ

News キモノ 江戸


お知らせです。春に引き続き、10月から、早稲田大学オープンカレッジにて講座をおこないます…!

井嶋ナギ2016秋講座



人物像で読み解く「キモノファッション文化史」Ⅱ
 〜 芸者、御殿女中から、江戸の色男、近代のモダンガールまで〜


【日程】10/01(土)、10/15(土)、10/22(土)、11/12(土)、11/19(土)
【時間】13:00~14:30(90分)
【場所】中野校キャンパス →MAP
   (JR中央線・総武線、メトロ東西線「中野駅」徒歩10分)

【講義概要】
着物が日常着だった江戸〜昭和初期にかけて、身分や職業、年齢などによって装いに差異・特徴があるのは当然のことでした。
そうした時代の装いの「ルール」や「歴史」について、具体的な「人物像」(芸者、御殿女中、カフェー女給など)を設定しながら、分かりやすく解説します。
また、歌舞伎、日本舞踊、浮世絵、映画、文学などの諸芸術文化における「装いの描かれ方」についても、資料を鑑賞しながら楽しく理解していきます。

【各回の講義予定】
10/01 芸者(1) : 江戸~近代にかけての、芸者の歴史と変遷
10/15 芸者(2) : 江戸~近代にかけての、芸者の歴史と変遷

10/22 御殿女中 : 武家のエリート女性としての、御殿女中

11/12 男性 : 男性の装い - 武士、町人、そして色男まで
11/19 モダンガール : 近代の装い - 女優、カフェー女給を中心に

春講座の続編ですが、今回からの受講でも問題ない内容です!



【受講費】
早稲田大学オープンカレッジ会員の方 11,826円
早稲田大学オープンカレッジ会員ではない方(ビジター) 13,608円

【早稲田大学オープンカレッジ会員について】
・会員の有効期限は、入会年度を含めて4年度間(3月末日まで)
・入会金8,000円
・入会金6,000円の特例あり(ビジターとして過去に受講された方、早稲田大学オープンカレッジ会員の紹介、早稲田大学卒業生、早稲田大学在学生父母、東京都新宿区・中央区・中野区に在住・在勤の方、ほか)
・会員にならずにビジターとしての受講も可能です
・詳細はコチラを御覧ください

【申込受付】一般・ビジターは、8/23より受付開始
【申込方法】Web、Tel、Fax、各校事務所窓口 にて受付中
・詳細はコチラを御覧ください




本講座はどのような内容なのか?


本講座は、今年の春におこなった「キモノファッション文化史 Ⅰ」の続編です。が、秋から参加されても特に問題のない内容になっておりますので、ぜひご参加ください!

…と書いている今、講座スタートまであと数日(泣)。ものすごく忙しかったのと、手の腱鞘炎のため、サイトの更新が滞ってしまっておりました…。twitterでお知らせしただけで、サイトでお知らせしておらず、申し訳ありません。

にも関わらず、現在、こちらの講座はほぼ定員に達しつつありまして(ありがとうございます!)、もし駆け込みでお申込みなさりたいという方がいらっしゃったら、まだ間に合いますので、早稲田大学エクステンションセンターの事務所まで(コチラ)お問い合わせくださいませ。



というわけで、春にいらっしゃった方はおわかりかと思いますが、この講座はどのような内容なのか? ということを、(前回記事とほぼ同じ記述になりますが)今回も記しておきたいと思います。

今年の講座は、2014年に開催した「人物像で読み解く着物ファッション」の拡大版です。(2014年の講座レポートはコチラの記事を御覧ください→「人物像で読みとく着物ファッション」についてのレポートです」)

早稲田大オープンカレッジでの講座は今年で3年目となりますが、これまで、人物像、日本文学、歌舞伎、などなど、さまざまな視点から着物ファッションを見て参りました。が、毎回時間が足りなくなってしまうのが、気になっておりまして…。そこで、今年は、春・秋と連続した講座にすることで、従来よりも詳しく、深く、着物ファッションを見ていきたいという趣旨ではじめました。

講座内容としては、当時の装いの「ルール」について細かく解説するだけでなく、その背景にある「歴史・変遷」について詳しく見ていきながら、さらに、歌舞伎・日本舞踊・浮世絵・映画・文学などの諸芸術文化における「装いの描かれ方・現われ方」といった文化史的な側面も、楽しみつつ見ていきたいと思います(つまり、基礎編+応用編です)。




なぜ「人物像」を設定するのか?


それから、なぜ「人物像」を設定するのか? についても書いておきたいと思います。

講座やトークイベントなどでもずっとしつこく(笑)言っているのですが、私は、キモノを知るためには、「誰がそれを着るのか?」について知ることがとても大切だと考えています。なぜなら、そもそもキモノの内容というのは、身分・職業・性別・年齢・境遇…といった、それを着る人の社会的立場によって、その内容が大きく変わってしまうからです。

もちろん、「いつ着るか?」(TPO=季節・場所・機会(Time・Place・Occasion))によっても、内容はかなり変わりますよね。それは今でも同じで、現在出回っているキモノのhowto本でも、TPOについてはかなり詳しく説明されています。だけど、江戸時代は、「いつ着るか?」を考えるよりも前に、そもそも「誰が着るのか?」がとにかく一番大事なことでした。

なぜなら、着るものは、個人の趣味選択にまかされている現代とは違って、当時は、社会的立場を示す記号のような役割を持っていたから。着るもの身にまとうものというのは、「階級」「立場」を示すための大事なツールだったわけですね。

そうしたことから、私は、キモノについて語る際には、「人物像=キャラクター」を具体的に設定して、その「基本の型」を解説する、という方法をとってきました。もちろん、「一概に言えない」ということもあると思います。どんなものにも「例外」はありますから。でも、「基本」の型を知らなければ、「例外」も分かりません。なので、講座では、あえて「江戸時代の典型的な人物像・キャラクター」を設定して、その基本形を解説する、というかたちで解説することにしています。



現代のキモノルールが、分かりづらい理由とは?


さらに、ちなみに…なのですが、現代のキモノのルール(特に「格」の問題など)が、私たちにとってどうも分かりづらい(というか、ピンとこない)大きな理由として、「現代のキモノ文化の中に、実は、『昔の身分制に基づいて成立していたキモノルール』が、こっそりと生き残っている」ということが挙げられるのではないか、と私は考えています。

つまり、近代に入って、さらには戦後になって、「身分制はなくなりました(タテマエ的には)」とされた時、「『身分制に基づいて秩序づけられていたキモノルール』を、これからどのように継承していけばいいのか?」という、引き継ぎ問題が発生したはずで。旧来のルールを「全く無かったこと」にしてしまうのは、キモノ文化そのものの破戒になりますから、それはできない、と(階級制度のなかで誕生し発展してたキモノ文化は、階級制度とどうしても「不可分」の関係にあるからです)。

それでは、どうしたらいいのか? となった場合に、持ち出されたのが、「」、です。つまり、

『身分』じゃマズいなら、『格』と呼べばいいじゃないか!

と。ザックリ言ってしまうと、ですが。

キモノのHowto本をひらくと、当然のごとくサラ〜ッと「格の高い文様の帯が〜」うんぬんかんぬん、と書かれているのをよく目にしますよね。私はキモノ初心者のとき、これが全くわかりませんでした。格ってなに? と。そう、これは、一般のファッション誌で見られるような「エレガントで品格のあるハンドバッグ」的なライターの主観的記述では無いのですよ。「格の高い文様」という言い回しには、「そもそもは身分の高い人が身につけるべき文様」という歴史的背景が、こっそりと隠されているのです! そんなこと、現代に生きている庶民の私がわかるわけがないですよねぇ(笑)。

そう、「格」を「身分」を読みかえると、着物ワールドがわりとスムーズに理解できる!!!

…と、誰ひとり書いてもいないし言ってもいませんが(笑)、わりと間違っていないのではないか、と自分では思っています。



というわけで、何が言いたいのかというと(笑)、過去の(身分制に基づいた)キモノルールが分かれば、現代のキモノを理解するのにも役に立つ! ということです。もちろん、さまざまな日本文化(歌舞伎、日本舞踊、浮世絵、美人画、江戸文学、日本文学、日本映画など)をより深く理解し、より繊細に味わえるようになります。これは、一生ものの楽しみですよ〜。

そんな、楽しい土曜のお昼タイムを、皆さんと過ごせたら嬉しいです…! ぜひぜひ、お気軽にご参加くださいませ♪




おまけ。

以下は、大好きな英山の浮世絵を使って、吉原の花魁道中について解説しているスライドです(昨年の講座で使用)。このような感じで、ヴィジュアル資料を使って、解説していきます!


井嶋ナギ講座_吉原花魁道中1



井嶋ナギ講座_吉原花魁道中





—— 関連記事 ——


早稲田大学エクステンションセンターの講座に関する記事

「人物像で読みとく着物ファッション
    〜花魁、芸者から町娘、モダンガールまで」

「人物像で読みとく着物ファッション」についてのレポートです

「着物で読み解く名作日本文学
    〜夏目漱石から、泉鏡花に永井荷風、有吉佐和子まで」


「歌舞伎で読み解く着物ファッション
    〜花魁、芸者から御殿女中、町娘に悪婆まで」

「歌舞伎で読み解く着物ファッション」についてのレポートです

「江戸のラブストーリー『人情本』に見る、江戸娘の着物ファッション 〜『春色梅児誉美』を読んでみませんか?」

「名作映画に描かれた日本の美と享楽の世界
   〜歌舞伎、浮世絵から、任俠、花柳界、戦前モダン文化まで」


「人物像で読み解くキモノファッション文化史 Ⅰ
   〜花魁、太夫から、町娘、お姫様に悪婆まで」


早稲田大学オープンカレッジ講座「人物像で読み解くキモノファッション文化史 Ⅰ」のお知らせ

News キモノ 江戸


お知らせです。去年に引き続き、今年も4月から、早稲田大学オープンカレッジにて講座をおこないます…!

井嶋ナギ2016春講座


人物像で読み解く「キモノファッション文化史」Ⅰ
  〜花魁、太夫から、町娘、お姫様に悪婆まで〜


【日程】4/16(土)、4/23(土)、5/07(土)、5/21(土)、6/04(土)
【時間】13:00~14:30(90分)
【場所】中野校キャンパス →MAP
    (JR中央線、JR総武線、メトロ東西線 「中野駅」徒歩10分)

【講義概要】
着物が日常着だった江戸〜昭和初期にかけて、身分や職業、年齢などによって装いに差異・特徴があるのは当然のことでした。
そうした時代の「装いのルール」や「歴史」について、具体的な「人物像」(花魁、太夫、女房、町娘、姫君など)を設定しながら、分かりやすく解説します。
また、歌舞伎、日本舞踊、浮世絵、映画、文学などの諸芸術文化における「装いの描かれ方」についても、資料を鑑賞しつつ理解を深めていく予定です。

【各回の講義予定】
4/16 花魁・太夫(1) : 吉原と島原を中心に、遊郭の遊女たち
4/23 花魁・太夫(2)
5/07 町娘・姫君(1) : 江戸で人気の町娘、そして武家のお姫様
5/21 町娘・姫君(2)
6/04 女房・悪婆  : 江戸と上方の女房、悪婆というアバズレ女

本講座の続編『人物像で読み解く「キモノファッション文化史」Ⅱ』は、今年秋10・11月に行う予定です。


【受講費】
早稲田大学オープンカレッジ会員の方 11,826円
早稲田大学オープンカレッジ会員ではない方(ビジター) 13,608円

【早稲田大学オープンカレッジ会員について】
・会員の有効期限は、入会年度を含めて4年度間(3月末日まで)
・入会金8,000円
・入会金6,000円の特例あり(ビジターとして過去に受講された方、早稲田大学オープンカレッジ会員の紹介、早稲田大学卒業生、早稲田大学在学生父母、東京都新宿区・中央区・中野区に在住・在勤の方、ほか)
・会員にならずにビジターとしての受講も可能です
・詳細はコチラを御覧ください

【申込受付】一般・ビジターは、3/10より受付開始
【申込方法】Web、Tel、Fax、各校事務所窓口 にて受付中
・詳細はコチラを御覧ください



本講座はどのような内容なのか?


というわけで、今年の講座は、おととし2014年に開催した「人物像で読み解く着物ファッション」の拡大版です!(2014年の講座レポートはコチラの記事を御覧ください→「人物像で読みとく着物ファッション」についてのレポートです」)

2014年から2年間、人物像、日本文学、歌舞伎、などなど、さまざまな視点から着物ファッションを見てきましたが、毎回時間が足りなくなってしまうのが、気になっておりました…。そこで、今年は、春・秋と連続した講座にすることで、従来よりも詳しく、深く、着物ファッションを見ていきたいと思っております!(本講座の続編にあたる『人物像で読み解く「キモノファッション文化史」Ⅱ』は、今年の秋10・11月に行う予定です!)

講座内容としては、当時の装いの「ルール」について細かく解説するだけでなく、その背景にある「歴史・変遷」についてもひも解きながら、さらに、歌舞伎・日本舞踊・浮世絵・映画・文学などの諸芸術文化における「装いの描かれ方・現われ方」といった文化史的な側面もしっかり見ていきます(つまり、基礎編+応用編です)。

とにかく、今まで時間の関係でご紹介できなかった資料や映像がたくさんあるので、できるだけ具体的な資料を鑑賞しながら、より楽しく、より多角的に、着物が日常だった時代を “肌で感じ取りながら” 理解できる内容にしたいと思っております。

初めて受講される方はもちろん、過去に受講くださった方にも楽しんでいただけるよう、新たな資料をお持ちして、よりディープにマニアックに(笑)お話する予定です!



なぜ「人物像」を設定するのか?


それから、なぜ「人物像」を設定するのか? についても書いておきたいと思います。

講座やトークイベントなどでもずっとしつこく(笑)言っているのですが、、私は、キモノを知るためには、「着る人」について知ることがとても大切だと考えています。なぜなら、キモノは身分社会のなかで発展してきた服飾文化であるため、身分・職業・性別・年齢・境遇…といった条件によって、その内容が大きく変わってしまうから。さらに言えば、季節・場所・機会(Time・Place・Occasion)によっても内容が変わりますが、これは今でも同じですね。「いつ着るのか?」ももちろん大事ですが、その前に、「誰が着るのか?」が、当時は最も大事だったわけです。

そうしたことから、キモノについて語る際には、「人物像=キャラクター」を具体的に設定して、その「基本の型」を解説する、という方法をとってきました。もちろん、「一概に言えない」ということもあると思います。どんなものにも「例外」はありますから。でも、「基本」の型を知らなければ、「例外」も分からないものなのですよね…。なので、講座では、あえて「江戸時代の典型的な人物像・キャラクター」を設定して、その基本形を解説する、というかたちで解説することにしています。



現代のキモノルールが、分かりづらい理由とは?


さらに、ちなみに…なのですが、現代のキモノのルール(特に「格」の問題など)が、私たちにとってどうも分かりづらい(ピンとこない)大きな理由として、「現代のキモノ文化の中に、実は、『昔の身分制に基づいて成立していたキモノルール』が、こっそりと生き残っている」ということが挙げられるのではないか、と私は考えています。

つまり、身分制はなくなりました!(タテマエ的には)とされた時、「『身分制に基づいて秩序づけられていたキモノルール』を、これからどのように継承していけばいいのだろうか?」という、引き継ぎ問題が発生したはず。旧来のキモノルールを「全く無かったこと」にしてしまうのは、キモノ文化そのものの破戒になりますから、それはできない、と。その結果、どのような方策がとられたのかというと、「」、です。つまり、「『身分』じゃマズいなら、『格』と呼べばいいじゃないか!」「『身分制度』じゃマズいから、『格制度』を導入しよう!」という経緯があったのではないか、と。ザックリ言ってしまうと、ですが。

キモノのHowto本をひらくと、当然のごとくサラ〜ッと「格の高い文様の帯」うんぬんかんぬん、と書かれているのをよく目にしますよね? 私はキモノ初心者のとき、これが全くわかりませんでした。そう、これは、一般のファッション誌のように「この帯の模様って、品があってエレガントですよね〜」的なライターの主観的記述では無いのですよ。これはつまり、「格の高い・模様のついた・帯」ということであって、それはイコール、「そもそもは身分の高い人のための・模様のついた・帯」ということを、実は意味しているのです!

そう、「格」を「身分」を読みかえると、着物ワールドがスムーズに理解できるようになる!!!

…と、誰ひとり書いてもいないし言ってもいませんが(笑)、わりと間違っていないのではないか、と自分では思っています。



というわけで、何が言いたいのか? というと(笑)、過去のキモノルールが分かれば、現代のキモノを理解するのにも非常に役に立つ! ということです。もちろん、さまざまな日本文化(歌舞伎、日本舞踊、浮世絵、美人画、江戸文学、日本文学、日本映画など)をより深く理解し、より繊細に味わえるようになります。これは、一生ものの楽しみですよ〜。

そんな、楽しい土曜のお昼タイムを、皆さんと過ごせたら嬉しいです…! ぜひぜひ、お気軽にご参加くださいませ♪




おまけ。

以下は、大好きな英山の浮世絵を使って、吉原の花魁道中について解説しているスライドです(昨年の講座で使用)。このような感じで、ヴィジュアル資料を使って、解説していきます!


井嶋ナギ講座_吉原花魁道中1




井嶋ナギ講座_吉原花魁道中






—— 関連記事 ——



早稲田大学エクステンションセンターの講座に関する記事

「人物像で読みとく着物ファッション
    〜花魁、芸者から町娘、モダンガールまで」

「人物像で読みとく着物ファッション」についてのレポートです

「着物で読み解く名作日本文学
    〜夏目漱石から、泉鏡花に永井荷風、有吉佐和子まで」


「歌舞伎で読み解く着物ファッション
    〜花魁、芸者から御殿女中、町娘に悪婆まで」

「歌舞伎で読み解く着物ファッション」についてのレポートです

「江戸のラブストーリー『人情本』に見る、江戸娘の着物ファッション 〜『春色梅児誉美』を読んでみませんか?」

「名作映画に描かれた日本の美と享楽の世界
   〜歌舞伎、浮世絵から、任俠、花柳界、戦前モダン文化まで」


飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その3 もしくは、江戸〜戦後にかけての大坂の遊郭の歴史。

大阪 建築 花柳界 江戸 大正 昭和初期


その1その2で、飛田新地の遊廓建築「鯛よし百番」について書きました。今回の目的は、大正期の遊廓建築を見ることだったので、飛田についてあまり書きませんでしたが、最後に、飛田新地の歴史についても書いておきたいと思います。


新世界と通天閣
(上画像は、「通天閣」のある「新世界」界わいの風景。)




飛田新地に行った記


「鯛よし百番」に行くには、普通は、直接タクシーで乗り付けるのが一番安心です。が、私は、「通天閣」のある「新世界」から、徒歩で向かうことにしました。「飛田新地」の最寄り駅である「動物園前」駅あたりまで歩くと、まだ17時台だったのもあって、通勤・通学の人でいっぱい。この「動物園前」駅前から、「鯛よし百番」のある「飛田新地」まで、アーケード商店街(動物園前一番街→動物園前二番街(飛田本通商店街))がえんえんと続いています。徒歩にして10分くらいか。

で、今回私が一番驚いてしまったのが、このアーケード街。凄かった…! 何がって、「昭和時代にタイムスリップしたか?!」と錯覚しそうな風景が展開していくのが! 何の前知識もなかったのでビックリしてしまい、時空を超えてしまったかと思って、ちょっと怖かった(笑)。いや、ほんと、昭和30年代くらいで時が止まってしまったような、まるでポンペイな場所。昼の明るい時間帯にまた行ってみたいと思いましたが、夜は女性だけで行かないほうがいいかも? 別に危ないことがあったわけではないですが、奥に行けば行くほど、シャッター街になっていったり、(西成のドヤ街が近いため)見るからに薄汚れた感じの人が多くなったりするので、少々緊張します。が、昭和レトロな町並みが残る貴重な場所として知る人ぞ知る場所のようで、コチラコチラなどネットにも写真があがっていました。


で、この昭和レトロなアーケード街を抜けると、そこが飛田新地。昔は遊廓街のまわりに、コンクリートの高壁がグルリとめぐらされていたそう(江戸時代の吉原や島原と同じですね)。現在はそんな壁はありませんが、昔は「大門」(おおもん。これも、江戸時代の吉原や島原と同じですね)と呼ばれる出入り口があったそうで、その門柱だけが今も残っています。その大門を抜けると、広い大通りがずっと通っていて、その大通りに沿って、ビルやマンションがあったり、(17時台だったので)営業を始めたのであろう店鋪のピンクの灯りがぼーっと幻想的についていました。「鯛よし百番」は、この大通りの突き当りにあるため、大通りをテクテク歩いていくことに。

ちなみに、この飛田新地は「撮影禁止」です。とは言え、ネットでちょっと検索すれば、多くの写真や動画がアップされているので、私も行く前から「ああ、こんなふうに営業してるのか」ということが分かってました。だけど、ピンクの灯りがぼーっとついたお店の前に、「おばちゃん」と呼ばれる中年女性(江戸時代で言えば「遣り手婆」に当たる)が座っていて、その奥の上がり框のところに、若い女の子が水着のような格好にテンガロンハットで、明るいライトに照らされながらニコニコして外を向いて座っているのを見ると、何とも言えない気持ちに…。男の人ならともかく、女がジロジロ見るのはよろしくないと思うので、遠くからチラッと見えただけですが。

何が一番、ガツンと来たかというと、特に「別世界!」という感じではなく、普通に当然な感じでそこにある、ということ。当然と言えば当然ですが、そこは普通に、淡々とした場所でした(赤線時代までは大繁華街で、人でごった返していたそうですが)。前もって、『さいごの色街 飛田』(井上理津子 新潮文庫)と、『飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白』(杉坂圭介 徳間文庫)を読んでいたので、ここで働く人々の背景や事情、さらには、むしろここで働ける子は(最近では)風俗業界ではエリート層、という現実もあるということも知っていたので、一言で「かわいそう」とか「ひどい」とか、そんな簡単な感想ではまとめられず。だけど、「すごいもの見た」とか「女の子かわいかった」とか言うのも違うと思うし。男性はどう思うかは分かりませんが、私は女なので、何と言ってよいのか(どう判断してよいのか)、正直言ってわかりませんでした。


飛田新地01





江戸時代における、遊廓について


ところで、時代は遡って。江戸文化について語るとき、決して避けることができないのが、遊郭文化・遊女文化、です。私も、トークイベントや講座で「吉原とは〜」とか「吉原の花魁のファッションは〜」とか言ってますけど、喜々として言うようなことではないですよね。もちろん、自覚してます。

ただ、江戸時代は、現代とは全く違う価値観のもとに人々は生きていたわけで、そんななか、「遊廓」がひとつのテーマパークのような「特別な遊びの場所」として認められたがために、そこに多くの才能芸能美術文化が結集されることになりました。だから、江戸時代の文化について語るとき、どうしても「遊廓」にすべてが結びついてしまうのですよ…。決して、売春したっていいじゃん!とか、花魁遊女あこがれ〜!みたいに思ってるわけじゃありません(念のため)。

ちなみに、江戸時代、日本各地に、公許の(=幕府が公認した)遊廓がありました。江戸なら「吉原」が公許で、準公許としては「品川」「新宿」「板橋」「千住」の四宿。京都なら「島原」、大坂なら「新町」が、公許です。

一方で、公許以外の歓楽街は、すべて岡場所(違法)です。岡場所は、普段は黙認されてますが、政府の方針によってはイキナリ手入れが入って、お取り潰し、となっても文句が言えませんでした(実際、江戸時代後期に大人気だった「深川(辰巳)」も、天保の改革でイキナリ取り潰しになっています)。



大坂の遊廓の歴史、飛田新地の歴史


話を大坂に限定しますが、江戸時代の大坂では、「新町」が公許の遊廓でした。歌舞伎『廓文章』(通称・吉田屋)で有名な、夕霧太夫が所属していた置屋「扇屋」があったのも、新町です。ちなみに、幕末に、その「扇屋」の経営者の娘と、上方で人気だった歌舞伎役者・3中村翫雀のあいだにできた子が、明治〜昭和初期にかけての大スター役者だった初代・中村雁治郎。さらに、その息子が、大映映画に欠かせない名優!2代目・中村雁治郎。さらに、その子が、現在の坂田藤十郎中村玉緒。…というわけで、玉緒さんや藤十郎さんを見たら、ぜひ「夕霧太夫のいた『扇屋』の経営者の血ぃひいてはる」(あってるのかこの方言?)と思っていただけたらと思います!

こうした公許の「新町」のほかに、江戸時代における大坂の色街(岡場所)としては、「北新地」(『曽根崎心中』『心中天網島』で有名な曽根崎新地ふくむ)、「南地」(宗右衛門町、櫓町、阪町、九郎右衛門町、難波新地)、「堀江」などがありました。そこに、明治2年になってから、「松島新地」が加わります(大阪港開港の外国人対策だったとのこと『さいごの色街 飛田』より)。さらには、明治45年に南地のひとつ難波新地が大火事となったのを契機に、その代替地として、大正7年に「飛田新地」が新たな遊廓地として開発されたのでした(さすがに大正時代にもなると、遊廓建設反対運動が起きますが、強引に開発されたようです)。

遊郭をみる』(筑摩書房)によると、飛田新地の特徴は、まず遊廓地を開発して妓楼を建設し、それを経営者に貸す、「家賃制の妓楼」という新スタイルをとったこと。おそらく、それまでは、妓楼は妓楼主が建設し経営するものだったのでしょう。これ以後、遊廓づくりの一つのモデルになったのだそうです。そのほか、いち早くカフェーやダンスホールなどモダンな施設を併設したことも評判となり、関西いちの遊廓地にまで発展しました。

飛田新地が一番賑わったのは、戦前の昭和初期頃で、最盛期は娼妓3000人以上! 昭和2年には、あの阿部定も飛田新地の高級妓楼「御園楼」にいて、ナンバー1・2の人気娼妓だったとか(『さいごの色街 飛田』P148より)。そして戦中は、空襲からも奇跡的に焼け残り、戦後は(1945年〜)、いわゆる「赤線」になります。溝口健二監督の『赤線地帯』にも描かれている通り、「赤線」とは、「戦後にGHQが公娼制度を廃止したにも関わらず、特定の区域のみに限って警察が認めた売春地域」のこと。しかし、赤線時代もそう長くは続かず、戦後10年ほど経った1956年に「売春防止法」が公布され、1958年に「売春防止法」完全施行。

売春防止法の施行により、日本では管理売春は違法になります。これにより、日本各地の「赤線」は終了し、店鋪も閉店や業種替えを余儀なくされました。私が偏愛している映画『二匹の牝犬』(小川真由美・緑魔子主演)でも、売防法により売春宿が閉店し、風俗嬢たちが散り散り去っていくシーンから映画が始まりますが、おそらく当時は、各地でそんな光景が見られたのでしょう。

ところが。飛田新地は違ったのです。何とか今まで通り生き残るすべはないか、あれこれと模索するのです…! そのようすが、『さいごの色街 飛田』(井上理津子 新潮文庫)に詳しく描かれていて、とても面白かった。で、あれこれ試行錯誤した結果、「シロウトの女の子が『料亭』でアルバイトをして、客とお酒を飲んでるうちに、恋愛感情が生じて関係した」という自由恋愛システムを確立。というわけで、今でも飛田新地にあるお店はぜんぶ「料亭」、なのです。



飛田新地についての具体的なことは、『さいごの色街 飛田』(井上理津子 新潮文庫)によくまとまっていたので、ぜひコチラをお読みください。女性筆者が、2000〜2011年にかけて飛田新地を取材したルポ。とにかく、著者の体当たり取材がすごくて、読んでいてヒヤヒヤハラハラ。「料亭」の経営者にインタビューしたり、「料亭」でおばちゃん(遣り手)として働く人に話を聞いたりするだけでなく、「料亭」の面接に潜入してみたり(中年以降でも働ける店がある)、警察署に直接出向いて「なぜ飛田を取り締まらないんですか?」と聞いてみたり、はたまた、飛田との関係をさぐるべく指定暴力団の事務所(この界隈はヤクザ屋さんの事務所が多い)に突撃取材したり。

そう言えば、やくざやさんと言えば、先日見に行ってものすごく面白かったドキュメンタリー映画『ヤクザと憲法』でも、取材されていた清勇会(大阪の指定暴力団「東組」の二次団体)のイケメン組長が、「新世界」界隈を通り抜けて、女の子が居並ぶ飛田新地を歩く姿が、一瞬ですがカメラにおさめられていました。普通なら、とてもビデオカメラを持ったまま飛田は歩けないでしょうけど、そこらへんは組長の威光があったのかな、などと思ったりしたのでした。(ちなみにこの映画、DVD化は無理とのことなので、ご興味のある方はぜひ劇場へ!)






おまけ。

飛田新地を出てすぐの場所に、イキナリ現れた、派手すぎるイルミネーションの館…

玉出1


パチンコ屋か? と思ったら、なんと、ふつーに食料品を売るスーパーマーケット「スーパー玉出」。

玉出2


店内も「これでもか!」とばかりにイルミまくり。ここもある意味、(関東者にとっては)大坂の見るべき建築物だと思いました。

大坂、やっぱり、すごいなー。





—— 関連記事 ——


■ 飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その1
■ 飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その2
■ 飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その3
  もしくは、江戸〜戦後にかけての大坂の遊郭の歴史。



■ 「大阪松竹座」「新歌舞伎座」の建築様式と、関西歌舞伎の栄枯盛衰について。

飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その2

大阪 建築 花柳界 大正


前記事に引き続き、飛田新地の「鯛よし百番」について。

鯛よし百番飛田新地




2階、各部屋のようす


この日は、私たちのほかにも、予約がたくさん入っていたようで、あちこちの部屋で宴会が行われていました。私が入った部屋の隣では、息子の結婚を祝う親戚たちの宴会をしていたようで、子どもも何人か来ていて、廊下に出てはしゃいだり、私たちの部屋をこっそり覗いたりしてましたね(笑)。すべて個室だし、何人で来ても大丈夫だし、どこでも撮影OKで楽しいし、多くの人に愛用されてるんだな〜と思った次第です。


2階にある部屋もすべて個室。それぞれの部屋に「テーマ」があり、それに合ったモチーフの欄間や細工が施されていました。同じ装飾の部屋は、ひとつとして無い、そうです。


中庭に面した壁の装飾。

鯛よし百番3-04



「由良の間」の欄間。『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助がテーマの、2階で最も豪華な部屋。

鯛よし百番3-05



「潮来の間」の欄間。

鯛よし百番3-07



「オランダの間」の欄間。

鯛よし百番3-06



「千代の間」の格子窓。よく見ると、左から、糸、駒、バチ…と、「三味線」のモチーフが彫られています。

鯛よし百番3-08



「お染の間」の、土蔵造りを模した壁。

鯛よし百番3-10



「紫式部の間」の入口。

鯛よし百番3-09



「由良の間」の廊下に面した壁。組子格子がカッコイイ。

鯛よし百番3-11





2階の廊下。左側は、中庭。

鯛よし百番3-01



2階の窓から、中庭をのぞむ。それぞれの部屋の組子が、シルエットになっていて美しい。

鯛よし百番3-02


鯛よし百番3-03


妓楼は、中庭を四角く囲むように建てることが多いようです。石川県金沢の「ひがしの廓」のお茶屋さんも、同じように中庭を囲むようにして建てられていましたね〜。




階段のある空間に、半分だけの鳥居!

鯛よし百番3-12


鯛よし百番3-13



これは、大坂・天満宮の「天神祭」における「船渡御(ふなとぎょ)」を描いた絵だそう。

鯛よし百番3-13 copy





1階、各部屋のようす


再び、1階のロビーへ。この奥に、反り橋がかかっているのが見えるでしょうか?

鯛よし百番4-01



はい、大坂・住吉大社の反り橋を模した橋、です!

鯛よし百番4-02



反り橋の上で、中庭を眺める。

鯛よし百番4-03



中庭には、巨大な陽石と陰石がドドンと置かれています。妓楼に陽物の置き物があるのは、昔からの伝統です。

鯛よし百番4-04



反り橋を渡ると、ここから先は「桃山殿」。店内で最も豪華な「牡丹」「鳳凰」「紫苑殿」の3部屋の総称。

鯛よし百番4-05



宴会が行われていたので、中は拝見できませんでしたが、廊下だけでも見どころ満載。

鯛よし百番4-06



壁には、南蛮貿易の図。

鯛よし百番4-07


鯛よし百番4-08



これは、秀吉と北政所の花見の図だそう。

鯛よし百番4-09


鯛よし百番4-10






さらに、玄関入ってすぐ左にある「顔見せの間」。小さな舞台のような造りの、異空間。

鯛よし百番5-01


鯛よし百番5-02


遊廓時代は、ここで女の子たちが「顔見せ」をしたりして、江戸時代のお大尽遊びのマネごとなども行われたのかもしれません。屋根や欄干など、ものすごく凝った造りの小舞台。襖は破けてしまったまま。





こんな写真が飾られていました。木曜ゴールデンドラマ『ああ、愛しき夫婦』。藤純子さん主演で、ここでロケされたようですね。「ぼやき漫才で一世を風靡した人生幸朗と生恵幸子夫婦の泣き笑いを、桂三枝の脚本で綴る」とのこと。

鯛よし百番6-00






というわけで、遊廓建築をじっくり堪能。楽しかった! もう一度、外観を拝む。

鯛よし百番6-01



提灯の赤い灯、欄間の透かし彫りが、幻想的。

鯛よし百番6-02


鯛よし百番6-03



「鯛よし百番 アルバイト募集」の張り紙が。接客・洗場 900円より、とのこと。

鯛よし百番6-04



なんと、イキナリ、豊臣家の「五七の桐」の家紋!

鯛よし百番6-05



この一角だけ、石造りの洋館風。

鯛よし百番6-06





というわけで、「鯛よし百番」のあちこちを、それこそ舐めるように堪能しました!

そう言えば、ちょうど私たちと同時に、お店を出た団体客(お年を召した男性と女性の集まり)がいたのですが、そのかなかのひとりの女性が「じゃあ、社会見学しながら帰りましょうか〜」「そうしましょそうしましょ〜」なんて言いながら、ぞろぞろと団体でわざわざ女の子たちが並ぶお店のある方向に、歩いて行かれました…。お年を召した方々はさすが割りきってるなーと感じた次第です。






ちなみに。『飛田百番 遊廓の残照』(監修:橋爪紳也 写真:上諸尚美 創元社 2004年)という「鯛よし百番」の建築写真集があるのですが、これが非常に素晴らしい! なぜか絶版になってしまっているので、古本屋で見つけたら即買いをオススメします。

飛田百番





もう少し書きたいことがあるので、その3に続きます〜。




—— 関連記事 ——


■ 飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その1
■ 飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その2
■ 飛田新地「鯛よし百番」にて、大正期の遊廓建築を見る。その3
  もしくは、江戸〜戦後にかけての大坂の遊郭の歴史。


■ 「大阪松竹座」「新歌舞伎座」の建築様式と、関西歌舞伎の栄枯盛衰について。




Copyright (C) 2017 井嶋ナギ All Rights Reserved.

/** ページトップへ戻るボタン **/